Galerie de KEIYO

2007年9月 3日 月曜日

船橋市訪問介護事業者連絡会~経営者部会「介護人材不足を乗り切る経営戦略」

8月23日は、船橋市訪問介護事業者連絡会の経営者部会での「介護人材不足を乗り切る経営戦略」と題した研修会の日。前日までは一参加者として楽しみにしていたのですが、当日は、司会も勤め、運営の緊張を味わった1日でもありました。

20070823佐藤 馬場先生.jpg  
    開始前の打合せ(左:馬場先生 右:佐藤先生)


介護業界の人材不足は、今本当に深刻です。メディアで取り上げられることも多くなりました。国レベルでは、人材確保指針が、7月26日にその方向性を示し適切な水準の介護報酬等の設定は、国、地方公共団体が取組むべき役割として明記しました。この点については、必ず指針を実現し、結果を示して欲しいところです。一方、現場では人が集まれば人材不足が話題になりますが、国や制度に対する愚痴に終わることも多いものです。確かに一時のストレス解消とはなりりますが、その繰り返しではあまりに不毛で、自分たち自身の力で何とか前へ進みたいものです。そこで、経営者・管理者が果たすべき役割と責任を確認するとともに、各事業所の明日からの取組みに活かしていきたい、というのが今回の意図でした。  
 
研修は二部構成とし、第一部は「介護職から選ばれる事業者とは」を、船橋市訪問介護事業者連絡会のサービス提供責任者部会立ち上げにお力添えを頂いた佐藤ちよみ先生(対人援助スキルアップ研究所所長 ブログはコチラ)、第二部は「訪問介護事業者に必要な組織・人事戦略の実際」を介護事業のコンサルティングをご専門にされている馬場博先生(有限会社 コレクティブエーシー代表)に、それぞれ2時間ずつ講義をお願いしました。

佐藤先生は、職員が働きやすい環境を整備するという管理者の役割を中心に語って下さいました。私が特に心に残ったものは、「誇りを持つこと」です。当社の行動指針においても大切にしている考えの1つです。
自社や、自らの職務に誇りを持つことによって、質の低い、あるいは不適切なサービスを行うことは、「恥ずかしい」と考えるようになります。一人一人が自分自身の誇りにかけて、「良いサービスをして行こう」と取組んでいける会社にしたい。そんな当社を働く人が選んでくれる。それが当社の理想です。そのためには、誇りを持つよう求めるだけでなく、社員が誇りを持てるような会社にしていくことが、経営者に求められる役割であると考えています。

馬場先生の、介護業界ではなかなか聴くことができない経営戦略の講義は、とても貴重です。今回は、経営戦略の体系とその中における人事戦略の位置づけや実際を、介護の業界に即した豊富な資料と併せて聴かせてもらえました。冒頭の「質の高いサービスの事業者が生き残れるとは限らない」、(そんな時代になった今)、「高い質の経営が求められる」との言葉が、業界のこれからを端的に言い表していると感じ、身が引き締まりました。

研修会終了後は懇親会。一杯やりながら、今度は、現場の経営者・管理者の皆さんの想いや貴重な取り組みが聞けた楽しい一時でした。



投稿者 株式会社ケイヨウケアインテリジェント

カレンダー

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30