Galerie de KEIYO

2007年7月22日 日曜日

船橋市訪問介護事業者連絡会 サービス提供責任者部会


7月22日の日曜日は、船橋市訪問介護事業者連絡会のサービス提供責任者部会が主催する研修会でした。4月19日の部会で挙がった課題を受けての「介護保険法の理解と記録の書き方研修」です。今、私達訪問介護事業に携わる者にとって、最も求められている法令遵守に直結するテーマでもあり、会場は満席でした。

講師は、城西国際大学の松下やえ子先生。ついこの3月まで、八千代市の社会福祉協議会で現場に携わっておられた先生は、打合せの時から、いつもニコニコと、私達との距離を感じさせない気さくな先生です。家庭奉仕員(現在のヘルパー1級)を第1期生として受講された当時、当社の会長がご一緒させていただいていたというご縁もあり、そのことでも親しみを感じていました。

そんな先生の、ご自身が経験されてきたエピソードをまじえながらの法令のお話しは、とても分かりやすく実務に携わる者にとっても、身近で興味が持てるものでした。

訪問介護は、身近な「生活」に関するサービスであるためか、実務に携わる中で「専門職が行うサービス」であることを、ややもすると忘れてしまいます。訪問介護サービスが法令に根拠を有する「社会サービス」であることを知ることは、専門職としての基本であることを再確認しました。

ただ、その向こうには、現実のお一人お一人の生活があります。そのことを置き去りにして法の解釈・裁量の幅がいたずらに狭められることのないよう、現場と法令の乖離がある時は、それを伝えていくこともまた、実務に携わる者達に期待されている重要な役割であることを考えさせられた一日でもありました。

投稿者 株式会社ケイヨウケアインテリジェント

カレンダー

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30