Galerie de KEIYO

2007年6月22日 金曜日

船橋市訪問介護事業者連絡会 「在宅ターミナルケアにおける訪問介護の役割」

6月17日の日曜日は、船橋市訪問介護事業者連絡会の総会と、総会後の研修「在宅ターミナルケアにおける訪問介護の役割」に参加してきました・・・。先週と似たような書き出しですが、先週はケアマネージャーで、今週はヘルパーの総会です。

研修の講師は千葉の「さくさべ坂通り診療所」の大岩孝司先生。ホームページのトップにあるとおり、「がんのホームドクター」です。1時間30分、聞き入りました。

いつも感じることですが、素晴らしいプロの仕事をされている方のお話しには、分野は異なっても、本質的なところでは共通するところが多くあります。

まず中心に置かれるべきは、ご本人であること。
がんであっても、ご本人が望むならば在宅で最後を迎えることは可能であること。【どうすればそれが可能なのか?なぜ、一般には可能であると思われないのか?等等の専門的な中味は、ホームページをご覧下さい】そのことを静かに、力強く説いておられました。実現しておられる先生ならではの強さと説得力だと思います。

残念なことに、私達の介護業界でも要介護度が上がると、在宅をあきらめ、なんとかして入所できるかを探し、それが見つかり入所が決まると「ホッ」として役割を終えたかの風潮があります。

ご家族がそう思うのは仕方ないと思います。でも、私達が専門職を自認するならば、それで「ホッ」と満足するのはとても歯がゆくてなりません。ご本人が望む在宅生活を支えるための専門職は、ご本人の「想い」をかなえられなかったならば、自らの能力の至らなさを恥じて、せめて「悔しい」と思うべきです。その「悔しさ」が専門性を磨いていくのだと信じています。

そして他職種連携におけるチームケアのあり方は、チームの目標を皆が共有すること。その中での自らの役割を認識し、責任を果たすこと。他職種の役割を知り、敬意を払うこと(信頼し、任せるべきは他職種に任せること)。そんなお話しが聞けました。

先生が、照れながらも、ご自身の事業所の訪問看護師さんを「宝物」と紹介されていたことが印象的でした。帰宅後、ホームページを見たとき、看護師さんのコラムが目を引きました。表題は「患者さんが真ん中」。チームが全く同じ意識を共有しているのですね。



投稿者 株式会社ケイヨウケアインテリジェント

カレンダー

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30